インターネット講座カリキュラム表

第1・2回 日本の風土と四季1「日本列島縦観1」 講義の様子
「日本列島と、それぞれの四季、暮らし(衣・食・住)」と題して日本全国のなりわいを学ぶ。生産・生業・言語・教育・宗教(寺社祭事)・年中行事、史跡・名勝、建築物、特産。
講師:三隅治雄
第3回 日本人論「日本人のこころのかたむき」 講義の様子
「ぼくは幸福わたしは不幸せ」「恥と誇りと」日本人は何を幸福とし、不幸としたか。死生観と世界観を学ぶ。
講師:田中英機
第4回 自然「山川草木に神やどる」「風流」祈り「神に祈って仏を拝む」
花鳥風月、季節感、里山、行楽、物見遊山、花見、紅葉狩り、などを学ぶ。神と仏、祭り、法会、年中行事、祭事の成り立ちとそこに横たわる日本人の心象風景を学び、現在行われている各地の祭りとその特色を学ぶ。
講師:田中英機
第5回 美意識「イキとヤボ」 講義の様子
日本人の美意識、情緒、みやび、もののあわれ、幽玄、わび・さび、ばさら、いき、などを学ぶ。
講師:下田秀夫
第6回 礼儀、作法「目配り、手配り、気配り」「しなをつくる」「足腰を鍛えて」
~挨拶、お辞儀、もてなし、応接、食事、冠婚葬祭、贈答、身だしなみ(頭髪や衣服をととのえ、ことばや態度をきちんとすること)、家事、手織~
講師:日本舞踊家・花柳貴比
第7・8回 建築「フィールドワーク」
「横浜三溪園」にて伝統的な建築を見学。
講師:現地コーディネーター
第9・10回 文化政策「日本の文化政策」 講義の様子
戦前から戦後の文化政策の変遷と現在の政策について。
講師:田中英機
第11回 文芸1「言霊の幸う国」実際に和歌・短歌を創作する 講義の様子
~和歌と短歌~日本の四季と深く結びついた言葉を学び和歌を詠む。手紙をしたためる。
講師:歌人・松坂弘
第12回 文芸2「音楽からみた日本人」日本の音楽の源流を知る 講義の様子
~わらべ歌・小唄・日本の音階~歌をなくした日本人。
講師:国立歴史民俗博物館名誉教授・小島美子
第13回 伝統芸能「能楽1」
能楽師による実践的な講義
講師:金春流能楽師・山井綱雄
第14回 伝統芸能「能楽2」
能のなりたち
講師:田中英機
第15回 教育「愛の鞭」「読み、書き、そろばん」遊び「鬼ごっことママゴト」「一期一会」
~子育て、子ども組、若者組、寺子屋、塾~日本人が育んできた教育に関する様々な知恵を学ぶ。~童戯、遊戯、遊芸「香・花・茶・書」~日本人の遊びごころが発展して、雅な文化が生まれた背景を学ぶ。
講師:三隅治雄
第16回 服飾「襟を正し、折り目正しく」「裾を引く」
晴着と普段着、婚礼衣装、外出着と仕事着、模様、色目、染色、刺繍、かぶり物、結髪装身具、化粧。
講師:三隅治雄
第17・18回 経済「伝統文化とビジネス」
著名経済人が、商売の面から日本文化をとらえる。
講師:元伊勢丹常務取締役・鈴木勝男