講師プロフィール

三隅治雄 三隅治雄(スクール学長)

文学博士。芸能学会会長、東京国立文化財研究所名誉研究員。
國學院大學国文学科で折口信夫・西角井正慶に師事。東京国立文化財研究所芸能部長・実践女子大学教授などを歴任。
広く国内外の伝統芸能の調査研究に従事し、とくに民俗芸能を伝承学的立場で研究し独特の歴史的体系づけを行い、芸能学会会長・民俗芸能学会理事・民謡研究会会長としても学術・芸術振興に努めている。
また、日本芸術文化振興会評議員・日本芸術文化振興基金運営委員会委員・国立劇場おきなわ運営財団理事等に就任し、伝統芸能の保存・振興に尽力している。
近年は伝統芸能の国際交流に積極的に関わり、一方、伝統芸能の再創造と舞台芸術の新展開を意図しての創作活動に取り組んでいる。
芸術祭賞等受賞。紫綬褒章受章。
主な著書に、「芸能史の民俗的研究」「民族の芸能」「日本舞踊史の研究」「郷土芸能」「祭りと神々の世界」「さすらい人の芸能史」「民俗芸能の芸」「日本の民謡と舞踊」「原日本おきなわ」「おどりの宇宙」などがある。
田中英機

田中英機(元実践女子大学文学部教授・元文化庁主任調査官)

昭和42年、文化財保護委員会(現文化庁文化財部)入局。無形文化財(芸能)、民俗文化財の調査研究に従事。国立組踊劇場(仮称)設立準備主任文化財調査官を最後に文化庁退職。平成15年から実践女子大学文学部教授。
研究分野は、日本芸能史、民俗芸能論、沖縄芸能論、文化政策論。共編・著書に「祭りと芸能の旅・近畿」(ぎょうせい、昭53) 「大衆芸能資料集成第9巻/10巻、大衆演劇Ⅰ・Ⅱ」(三一書房、昭56) 「民俗芸能辞典」(東京堂出版、昭58)など。

下田秀夫

下田秀夫(一般社団法人日本伝統芸術国際交流協会代表理事)

伝統芸能社代表・元NHK伝統芸能チーフプロデュサー
早稲田大学文学部美術史卒。昭和40年NHK、芸能局配属。クラシック番組担当。昭和47年NHKホール開館記念イタリアオペラ公演に舞台制作スタッフとして参加。昭和48年から「NHK古典芸能鑑賞会」「劇場中継」「芸能百選」「芸術劇場」等、古典芸能番組を担当。昭和62年古典芸能番組、チーフプロデュサーとして「芸能花舞台」「民謡をあなたに」や海外コンクール番組、NHKスペシャル等制作し数々の受賞をうける。
平成13年定年以降、(有)伝統芸能社代表取締役。同時に NHKエデュケーショナル生活部チーフプロデューサー就任。また実践女子大学文学部美術、非常勤講師を5年間務める。
受賞歴・第18回26回エミー賞パフォーマンス部門優秀賞・ゴールデンプラハ国際テレビ祭優秀賞 NHKスペシャル年間優秀賞ほか。

鈴木勝男

鈴木勝男(元伊勢丹常務取締役)

平成10年に伊勢丹新宿本店の常務取締役店長に就任後、業界一と言われる販売のノウハウを作り上げ、店頭売上高日本一の伊勢丹新宿本店を築き上げる。
伊勢丹退任後、低迷する百貨店業界の再生に務め、現場の声を尊重しながら、顧客の懐に深く入り込む地域密着型の営業で、二期連続の営業赤字の山形市の大沼百貨店を黒字転換させるなど、現在も百貨店業界で活躍する。

特別講師(平成22年度実績)

小島美子(国立歴史民俗博物館名誉教授)

松坂弘(歌人)

藤間勘恵理(日本舞踊家)

その他、実演家や行政府の担当官をお招きいたしました。