トラディショナルアーツへようこそ

協会についてのご説明

代表理事あいさつ

「足下を掘れ、そこに泉あり」

<span

役員および実績紹介

代表理事 庄司 真吾

理事 堤 紀代子 (さらに…)

アーティスト紹介

さくらこまち和楽団

大藏流能楽師狂言方 大藏基誠

<span aria-label="続きを読む

最新ニュース

北欧で和楽器のワークショップ

北欧リトアニアでさくらこまち和楽団がワークショップを行った時の様子です。現地の人々は日本の伝統楽器に興味があるようで、多くの人々が集まりました。実際に楽器に触ったり、吹いてみたり体験したことは長く彼らは忘れないことでしょう。言葉は通じなくても音楽は自然と人々を結び付けてくれる力があります。

生徒からの手紙・さくらこまち和楽団へ

「和楽器はたのしいね」(りこ)
わがっきはたのしいし、こころがあったまるよね。いろんなえんそうをきいてあったまるよね。たのしいよね。こころもあったまるよね。たのしいえんそうをきいて、わたしはすごくかんどうをしました。
わがっきをきいたら、すごくきれいなおとでした。すごくすごくきれいでした。すごくたのしかったです。

イタリア・ラグジュアリーブランド創立者のブルネロ・クチネリ夫妻との記念写真

毎年開催されるブルネロ・クチネリ財団主催のソロメイ音楽祭に招待され演奏しました。開催地であるソロメオ市はイタリア中部の美しい町です。そこにブルネロ・クチネリ本社がありました。この町に劇場を建設し「芸術や文化は人としての意識を成長させてくれる」この考えのもと、社員や住民は日常的に文化に触れているそうです。


ソロメイ音楽祭会場

Translate »