さくらこまち和楽団

大藏流能楽師狂言方 大藏基誠

「さくらこまち和楽団」プロフィール

磯貝 真紀 (いそがい まき) ◎箏
愛知県出身。5才より倉内里仁に師事。後に、沢井忠夫・一恵両師の内弟子となる。NHK邦楽技能者育成会卒業。国際交流基金の派遣等により、音楽祭や周年事業記念公演、ホール主催コンサート等、およそ世界20カ国で演奏。大人気ゲーム「太鼓の達人」他レコーディング多数。「沢井忠夫合奏団」「Kokoo」メンバー。

山野 安珠美(やまの あずみ) ◎箏
沢井忠夫、沢井一恵の両氏に師事。モンサンミッシェルやアンコールワット等世界遺産での公演、その他国際交流基金の派遣などにより欧州、アジア、中南米等海外公演多数。国内でもソロリサイタルのほか、「題名のない音楽会」「にほんごであそぼ」等TV・ラジオへの出演多数。現在、山口芸術短期大学非常勤講師。

福田 優子(ふくだ ゆうこ) ◎箏
仙台市出身。現在、沢井箏曲院教師、沢井忠夫合奏団団員、仙台三曲協会会員、藝能学会会員、福田優子箏(琴)教室主宰 。9回長谷検校記念全国邦楽コンクールに“GARA”で団体出場し、優秀賞を受賞。海外公演多数。

中しま りん(なかしま りん) ◎箏
富山県出身、5歳より箏を始める。シンガーソングライターを経て、2004年箏奏者としての活動をスタート。2011年 ゆずアルバム『NI』参加、同年7月 日テレ系NNNストレイトニュースウェザーテーマに「環-wa-」が起用される。国内外での演奏活動の他、これまでにオリジナルアルバムを5枚発売。

神谷 舞(かみや まい) ◎箏
箏を沢井一恵、梶ヶ野亜生の両氏に師事。NHK邦楽技能者育成会第54期卒業。沢井箏曲院講師。第21回賢順記念全国箏曲コンクール奨励賞、NHK邦楽オーディション合格等、入賞多数。コンサートやイベント演奏、TV・ラジオ出演、レコーディング参加、学校公演、海外公演等、幅広い演奏活動を展開している。

荒井 ふみ子(あらい ふみこ) ◎和太鼓
茨城県水戸市出身。現代邦楽研究所第1期生卒。現代邦楽器、大太鼓の奏法を西川啓光に師事。長唄邦楽囃子を藤舎華凰に師事。寿獅子を鈴木恭介に師事。NHK民謡番組「民謡魂」「日本の民謡」「民謡をたずねて」に出演。これまでドイツ・カナダ・モルディブ、インドネシア・ベトナム、イタリアなどにて演奏。「和楽器にチャレンジ」執筆

今泉 光(いまいずみ ひかり) ◎和太鼓
助六太鼓家元の今泉豊の娘。3歳から太鼓を始める。もの心ついた頃から地域のお祭り、イベント、劇場、またコンクールなどで演奏を行う。これまで愛知万国博覧会、NHK歌謡コンサート、夏祭りにっぽんの歌などテレビ出演や海外公演多数。

櫻井 咲山(さくらい しょうざん) ◎尺八
東京藝術大学音楽学部邦楽科都山流尺八専攻卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科邦楽専攻(修士課程)修了。現代邦楽研究所専攻科卒業。NHK邦楽技能者育成会45期卒業。NHK邦楽オーディション合格。故山本邦山(人間国宝)、故石垣征山、各氏に師事。

松岡 幸紀(まつおか ゆき) ◎尺八
奈良県出身。13歳より尺八を始める。東京芸術大学音楽部邦楽科尺八専攻を卒業。これまで尺八を山本邦山(故人間国宝)、吉本胤山、在学中は川村泰山、山本真山に師事。コンサート、イベント、舞台音楽、学校公演など幅広く演奏活動を行っている。

香川 良子(かがわ りょうこ) ◎篠笛
篠笛ソングライター。篠笛で伝統的な祭囃子~ポピュラー等を演奏し、作曲も手掛ける。祭囃子・香川社中代表メンバー。パリ地下鉄ミュージシャン・オーディション合格。東京都民俗芸能大会出演。文化庁「祭囃子ってなんだ!?」講師。「地域伝統芸能奨励賞」受賞。著書「香川良子の篠笛曲集」(有)ケイ・エム・ピー。

櫻井 亜木子(さくらい あきこ) ◎薩摩琵琶
日本琵琶楽コンクール優勝。平家伝説に纏わる神社仏閣での奉奏を経て、様々なアーティストの舞台音楽、録音に参加。テレビ、CM多数出演。2014年度、文化庁文化交流使を任命、72日間で7ヵ国15都市を演奏。

佐藤 史織(さとう しおり) ◎津軽三味線
宮城県仙台市出身。14歳で津軽三味線と出会う。以来、二代目小田島徳旺、神谷茂良に師事。津軽三味線全国大会にて数々の賞を受賞。現在は古典アレンジから現代的なオリジナル曲の創作や演奏活動を行う。

織江 響(おりえ ひびき) ◎津軽三味線
幼少の頃から津軽三味線、和太鼓、日本舞踊などを経験し、国内外での多くの舞台経験を積む。2012年度全国津軽三味線競技会名古屋大会にて優勝。2016年には津軽三味線の本場青森県の日本一決定戦にてA級女性の部で見事日本一となる。

中村 仁美(なかむら ひとみ) ◎民謡歌手
日本民謡の大家「中村隆志」の家に生まれ、両親の故郷でもある津軽民謡に重きを置いて、民謡歌手として活躍。主な受賞歴は「青森民謡コンクール全国大会優勝」「津軽五大民謡全国大会あいや節部門優勝」その他多数。NHK邦楽オーディション合格。

大藏 基誠(おおくら もとなり)◎大藏流能楽師狂言方
25世大蔵彌太郎の次男で4歳8ヶ月で「以呂波」にて初舞台。小・中・高に出向き狂言を楽しませる学校狂言を展開し若い世代に伝統芸能の楽しさを伝える。その独特なトークで今までになかった伝統の楽しみを発見出来ると生徒達からも人気がある。2004年に初めて団長としてマレーシア公演を企画し海外への狂言普及に勤める。2011年には、狂言とpartyを融合させた『kyogen lounge』を企画。ホワイエにDJブースを設置して音楽と伝統の融合をはかる。狂言が奈良発祥という事もあり奈良での活動に力を入れ奈良市長より奈良観光大使を任命される。活動を狂言から舞台や映画など幅広く展開し、2015年上演の映画「日本のいちばん長い日」で徳川侍従役を勤め自身の新たなる可能性を追求している。