日本の伝統楽器によるグループ「さくらこまち和楽団」は毎年のように世界各国で公演を行い好評をいただいています。

「さくらこまち和楽団」は始め「NHK伝統和楽団」として邦楽界の優れた女性演奏家で発足し、NHKの番組放送などで活躍していました。その後、幅広く活躍するために「さくらこまち和楽団」と改名し、日本の伝統文化の魅力を海外などに紹介する和楽団として発展しました。

日本の伝統楽器のみで構成された女性グループは唯一で、筝、尺八、和太鼓、琵琶、篠笛、津軽三味線に民謡歌手を加えて、様々なジャンルの日本の音楽を表現するエンターティメント集団として世界中で高い評価を得ています。

これまでイタリアの世界的有名なラベンナ音楽祭などに出演。また秋篠宮両殿下がご臨席された外務省の国際交流事業などに出演するなど世界各地で毎年のように公演を行っています。

さくらこまち和楽団のイタリア公演の番組をご覧になれます。下記の映像をクリックしてください。

<海外公演実績>

2005年 ドイツ公演~シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭~
2006年 カナダ公演~ケベック博覧会~
2007年 モルディブ公演~日本モルディブ共和国国交樹立40周年記念文化交流行事~
2011年 インドネシア公演~ジャパンデー演奏会~
2012年 ベトナム、インドネシア公演~日本アセアン文化交流行事~
2015年 イタリア公演~ラベンナ音楽祭・京都フィレンツェ姉妹交流記念行事~
2016年 イタリア公演~日本イタリア国交150周年記念行事~
2018年 ハワイ公演~日本人ハワイ移民150周年記念行事~
2018年 イタリア公演~ヴィッラ・ソロメイ音楽祭~
2019年 ラトビア・エストニア・リトアニア公演~北欧3か国大使館主催文化交流行事~

<その他の公演実績>

2010年 赤嶺正一琉球舞踊団 メキシコ公演~文化庁文化交流使事業~